こども哲学対話

学校では教えてくれない自分探し、自分の答えを見つけてみよう!!
こどものための哲学対話         対象 : 小学生4年生〜6年生
第一回 7/16   テーマ       夢はどうやって叶えるの? 大人は夢を叶えたの?  
第二回 9/24   テーマ       なんで勉強しなきゃいけないの?ゲームはどうしていけないの?              
第三回10/29  テーマ       なんで勉強しなきゃいけないの?ゲームはどうしていけないの?
                  
こどもたちって何を考えているんだろう
親ですら知り得ない、こどもたちの心の中をのぞこう
こどものための哲学対話とは
ここでは学校と反対のことをします
哲学の話はしません・答えを必ず出さなくても構いません、答え(結論)はいつでも変わっていいのです
座り方も自由、発言も自由、発言しないのも自由
決まっているのは大人と子供が分かれて輪になって話し、個人と相手を尊重しあい話すこと
もともとはアメリカヨーロッパで広まった、こどものための授業の一つでした
《哲学カフェ》として日本では大人が楽しんでいるようですが、残念ながらこどもの為に行っている公立学校はほとんどないでしょう
 
考えるのって楽しい!発見の連続だ!田舎だからって都会並みの最高の子育て環境を用意したい! 
たくさんのことを悩んで秘めている高学年のこどもたちに大人の階段を!そんな思いではじめました
哲学対話で得られること
1. 自分の考えていることをアウトプットできる (考えていることを口にする・自分の言葉で話す)
2. みんなの前で躊躇なく発言する勇気 (発言できる場があり、自分の発言が尊重される=自己肯定に繋がる)
3. 相手の話を聞く・待つ力 (違う意見の相手を尊重する)
4. 答えのない問題について考える(誰かが決めた答え、あらかじめ正解のある授業のようなやり方はしません)
哲学対話を通して、心の自立を促すと同時にコミュニケーション力(海外でも必要なディベート力)が身につきます
また親子でテーマをシェアすることで親子関係・会話を深めるチャンス!
自由参加ですが、対話の回数によって自信と脳の発達に影響しています(ヒラメキ)、是非ご参加ください☆
みんな待望の哲学対話で大人も子供もじっくり考え、発見し、笑いましょう!